小池歯科医院 Koike Dental Clinic


インプラント


インプラントとは、歯を失ってしまった時、顎の骨の中にネジの様な人工の歯根を入れ、その歯根の上に歯を作る治療方法です。

虫歯や歯周病によって歯がなくなった場合に施される補綴処置(入れ歯など)の目標は、できるだけ天然歯に近い人工歯を入れ、噛む機能を蘇らせる事にあります。しかし、歯の数が少なくなるほどこの目標を達成する事が難しくなります。

入れ歯では、柔らかい歯肉とその下の顎の骨の形が常に変化する為に、長期間の機能を果たすのが不可能な事がしばしばあります。また、これが原因となり最終的に入れ歯がまったく合わず、安定しなくなってしまう事があります。

【利 点】
●固定式なので、安定性がよく、食物を噛み砕く事ができます。
●自分の歯と同じような感覚で噛む事ができ、食べ物の味や感触が良くわかります。
●周りの歯を傷つけません。
●インプラントが、あごの骨がやせるのを防ぐと言われます。

【欠 点】
●インプラントを植立する為の手術が必要です。
●強度の糖尿病などの疾患の場合、インプラントが出来ないことがあります。
●骨の状態(量、幅)がある程度良好でないとできないことがあります。

当院では大学病院のインプラント専門医による手術を行っています。
費用はお知らせのページへ
医療案内
診療案内
お知らせ
問い合わせ
Top