小池歯科医院 Koike Dental Clinic


オールセラミックスクラウン

金属をまったく使用せず、セラミックスのみで作られたかぶせ物です。色の透明感に優れ、歯とかぶせ物の境目がきれいに仕上がります。又、金属を使用しない為、金属アレルギーの心配がありません。
オールセラミックスは、最も生体親和性が高く、耐食性にも優れていると言えます。オールセラミックスを使用した治療の一番大きな特徴は、体にやさしいセラミックスのみを使用しますので、金属にアレルギーのある方にも安心してお使い頂けると言う事です。但し、非常に硬いという性質の反面、衝撃にはたいへん脆い特性を持っています。


メタルボンドクラウン

金属とセラミックスを張り合わせたさし歯の事を指します。現在、一般的に製作されているセラミックスのさし歯がこのタイプです。
表面がセラミックスで覆われていますので、セラミックスの材料的な特徴から歯垢が付きにくく、水分を吸収しないため、飲食物の中に含まれる色素の影響を受けませんので変色や着色を起こしません。
メタルボンドでは、歯肉の厚みが薄い方の場合、歯との境目から中の金属が透けて歯肉に黒い影が見られることがありますので、前歯部ではあまりお勧めできない場合もあります。


ポーセレンラミネートベニア

歯の表面を一層削り落とし、そこにセラミックスの薄いシェルを貼り付ける治療法です。
小さい歯を大きくして歯と歯の隙間を閉じたり、着色・変色した歯を白く見せる事ができます。歯を削る量が少なくて済みますが、歯の形、歯並びの修正には限界があります。


ハイブリッドセラミックスクラウン・インレー

ハイブリッドセラミックスは、セラミックス(ガラス質の陶材)の最大の欠点である、 脆さを補う新素材で、自然な歯の状態を取り戻すことができます。
レジン(プラスチックみたいな物)に、セラミックスフィラーを配合した素材で製作されたさし歯をハイブリッドセラミックスと呼びます。
この素材は、セラミックに比べ軟らかいので対合歯との当たりがソフトであり、歯の硬さとほぼ同じなので周辺の歯やかみ合う歯を痛めません。
しかし吸水性がある事から、セラミックスに比べて汚れや細菌が付きやすく、長期間経過すると変色を起こす場合があり、磨り減ってくると光沢が落ちてきます。
どちらかというと奥歯の方が適しています。
この材料を用いたかぶせ物がハイブリッドセラミックスクラウンで、詰め物をハイブリッドセラミックスインレーといいます。
医療案内
診療案内
お知らせ
問い合わせ
Top